脱毛箇所にシミや色素沈着、ホクロ・ニキビなどがあると脱毛できない?

脱毛箇所にシミや色素沈着、ホクロ・ニキビなどがあると脱毛できない?

脱毛箇所にシミや色素沈着、ホクロ・ニキビなどがあると脱毛できない?

 

脱毛箇所にシミや色素沈着、ホクロやニキビなどがあると脱毛できないとよくいいますが、これは本当なのでしょうか。
シミやホクロがあると、脱毛機の光が反応するので、確かに脱毛しづらいのは事実です。

 

しかし脱毛できないことはありません。
脱毛箇所にシールを張ることでカバーできます。

 

実際、脱毛サロンなどでは、そうした対応をとることで脱毛しています。
シミやホクロは避けながら照射するのは難しいですが、シールを貼って隠してしまえば普通に照射が可能です。

 

シールは円形の小さな白いシールになっていて、シミとホクロ用に、店側では大きさを数種類取り揃えています。
シールはスタッフが貼ってくれるので、事前に処置しておく必要はありません。

 

医療機関では、小さいシミやホクロなら、そのまま照射することもあり、照射してもヤケドするような心配はありません。
エステの場合、万が一のヤケドを考慮して、必ずシールを貼りますが、クリニックの場合、濃いシミでない限り、そのまま照射することが多いです。

 

ニキビがある場合も同様で、ほとんど目立たないぐらいなら、普通に照射してくれます。
赤ニキビや黄ニキビなどの酷い状態でなければ、脱毛できないことはありません。
ニキビ跡は、基本的に照射可能です。

 

 

立川で脱毛するならこの脱毛サロンがおすすめ!