ワキ脱毛をすると汗が増えるって本当?

ワキ脱毛をすると汗が増えるって本当?

ワキ脱毛をすると汗が増えるって本当?

 

ワキ脱毛をすると汗が増えるってよくいわれますが、これは本当なのでしょうか。
実は脱毛して汗が増えるというのは、根拠のない噂にすぎません。

 

自己処理でも脱毛サロンでも、ワキ脱毛をして汗の量が増えることはないのに、そうした噂が広まったのは、汗の感じ方によるところが大きいです。
ワキは比較的汗の量が多い部位なのですが、脱毛前は、毛があるおかげで汗をじかに感じにくくなっています。

 

ワキ脱毛すると、ムダ毛がなくなってスベスベになるので、汗をかくとじかにそれを感じ、同じ汗の量でもたくさん汗をかいたと錯覚してしまうのです。
脱毛が原因で、発汗量が増加するというのは、まったく間違った認識で、ワキの毛が生えている時は、汗が毛に付着して乾きやすくなっています。

 

毛があるときはジワジワと汗が出てきて、服などに汗が付着する前に乾くことも少なくありません。
そうした中、ワキから毛がキレイに無くなると汗が肌に直接伝わり、流れ落ちたり、服に直接付いたりするので、汗が増えたような気がするのです。
ワキ脱毛をすると汗が増えるというのは、単なる錯覚なのです。

 

立川で脱毛するならこの脱毛サロンがおすすめ!